育毛に有効な成分は化学成分よりも自然由来の成分を使用しているものを選ぶ

自然派にもおすすめの育毛剤は?

MENU

自然派にもおすすめの育毛剤は?

◆育毛剤の頭皮への影響は?

育毛剤を選ぶとき、気になるのはやっぱり効果ですね。 より有効成分が多いものを、そしてより口コミ評価が高いものを選びたいものです。 ですが、有効成分や口コミ評価とおなじくらい重要視するべきなのは育毛剤の頭皮への影響です。 意外と敏感な私達の頭皮その頭皮に育毛剤が与える影響は大きいものです。 刺激の強い育毛剤を使い続けているとどんな影響が及ぶのでしょうか?その危険についてお話ししましょう。

◆育毛剤は素材にこだわるべき??

育毛剤は頭皮に直接塗るものです。 頭皮というものは、私達が思っているよりも敏感にできています。 ストレスをうけると敏感に反応し、紫外線をうけるとすぐにバリア機能を失ってしまったりします。

また毛穴が無数にあるため、薬剤がしみこみやすいとも言えます。 そのため、少しの刺激でもアレルギー反応を起こしたり腫れやかゆみなどのトラブルが生じがちなのです。

その点で育毛剤は直接塗ったり吹きかけるものですので、製品選びには十分の注意が必要だと言えます。 アルコールフリーのものを選ぶと刺激が抑えられるでしょう。 また無添加のものを選ぶと安心です。 添加剤や防腐剤、また芳香剤を使っているものは毛穴に化学成分がつまりやすく、トラブルを起こしがちです。

また育毛に有効な成分も、化学成分よりも自然由来の成分を使用しているものを選ぶと良いでしょう。 科学的な育毛有効成分には、頭皮への悪影響があるものもあるからです。その一例を見てみましょう。

科学的な有効成分「ミノキシジル」

◆ミノキシジルの副作用

この「ミノキシジル」とは、もともと高血圧の治療に使用されていた薬剤です。 高血圧の治療には、血管の拡張作用のある薬剤を使用します。この「ミノキシジル」も血管拡張作用のある薬剤です。 血管拡張をさせて高血圧による血行不順を避けることが目的だったわけですが、その「ミノキシジル」を使用していた患者さんに体毛の発毛効果が認められたことが始まりです。

「ミノキシジル」使用者に一番多い副作用は、頭皮の火照りやかゆみなどの炎症です。 「ミノキシジル」は長期間使い続けると頭皮に炎症を起こす可能性が高いようです。 頭皮が赤くただれたり、火照ったようにかゆみが生じるケースが多いです。 問題なく使い始めた人も、長期間使うことによりアレルギー反応が出る場合もあるようです。育毛剤は長期間使ってはじめて効果が出るので、これらの副作用は見逃せません。

この血管拡張効果のある薬剤を使用し続けるということには危険もあります。 血管が拡張し続けるということは、血管内の血液が増えるの反面、心臓に戻る血液が不足するということです。そうなると、血圧が下がり低血圧症状に陥ってしまいます。 低血圧症状になるとどんな障害があるでしょうか?めまい、立ちくらみ、動悸、失神、疲労感などが起こります。不眠症になる方もいて、慢性疲労にも繋がってしまいます。

もっと気になるのは、「ミノキシジル」が心臓に影響があるという話です。血圧降下剤である「ミノキシジル」を使い続けることで心臓にも影響が出るというのです。 「ミノキシジル」は血管を拡張することで血圧を降下するお薬です。血管が拡張されて心臓に送り返される血液が少なくなると、心臓機能にも影響が出るのです。 心臓がドキドキし始めた、動悸がするようになったという人ははやめにお医者さんに相談したほうが良いでしょう。

自然派の有効成分「M-034」

◆海草由来で副作用がほとんどない

「M-034」とは海草由来の育毛成分です。 「ミノキシジル」と同等の効果がありながらも副作用がほとんどない安心の成分です。

この「M-034」を含んでいるのは「イクオス」という育毛剤です。 「イクオス」はこの「M-034」以外にも海草エキスを豊富に含んでいます。 ふたつめの海草エキスは「ペルベチア カナリクラタエキス」という成分です。フランスのブレア諸島に生息する海草のエキスで、保水力に優れた海草エキスです。

このふたつの成分を独自配合し、さらにここに、より力強い毛髪づくりのためにもうひとつ海草成分を配合しました。 それはスサビノリエキスです。スサビノリエキスとは、有明海岸で摂れるスサビノリより採取された成分で、海草多糖成分「ポルフィラン」が多量に含まれています。 この「ポリフィラン」にはヒアルロン酸と同等の給保水力があり、毛髪を強くしなやかにするのに役立ちます。

一つの育毛剤に効果のある天然海草成分が三つも含まれ、さらに若はげの原因である「AGA」を抑えるために「DHT」をブロックする成分が大量に配合されています。 「DHT」とは「ジヒドロテストステロン」という成分です。 この「ジヒドロテストステロン」に男性ホルモンが結びついたとき、脱毛因子である「TGF-β」という因子ができてしまいます。この「TGF-β」こそが、脱毛の原因なのです。

この「TGF-β」が「FGF-5」という脱毛指令を出すのを食い止めることこそが、脱毛を引き止める鍵になります。 そのためには、男性ホルモンが「5αリダクターゼ」と結合するのを防ぐ必要があります。そのために、イクオスには脱毛指令を防ぐ自然由来の成分を配合しています。 クワエキス、シャクヤクエキス、セイヨウキズタエキス、ゴボウエキス、ローマカミツレエキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキス、ボタンエキスなどです。 これらの自然由来成分で、体に優しく脱毛を食い止めます。

自然派のあなたにこそおすすめの安心な育毛剤、ぜひ試してみませんか?