若年性脱毛症も生え際薄毛もAGAが関係しているので、AGAに効果のある育毛剤を選ぶ

薄毛の原因に合わせた対策

MENU

薄毛の原因にあわせた対策をしよう

◆薄毛と向き合うために

薄毛、抜け毛は隠してしまいたい問題でしょう。向き合うのも嫌、という方もいるでしょう。 ですが、抜け毛の原因は人それぞれなので自分の抜け毛の原因を知らないことには、いつまでたっても解決しません。 薄毛対策をしようと育毛剤を探そうにも、自分の薄毛の原因にあったものを選ぶ必要があるのです。 今回は薄毛の原因を幾つか調べ、自分の薄毛の原因が何か探ってみましょう。 原因を知ることで効果的な薄毛対策ができるでしょう。

◆若年性脱毛症の原因は?

最近は10代後半、20代前半でも抜け毛に悩む方が多いのです。 そんな若年性脱毛症の原因とは何でしょうか?

まず、ひとつにライフスタイルの変化が挙げられます。 20歳になり始めたお酒やタバコの影響を受けている人が多いでしょう。 タバコには血管を収縮させる作用があります。血管の収縮は頭皮の血行が悪くなる原因でもあり、抜け毛を引き起こします。

また、就職してすぐの新社会人に多いのは飲み会が続いたりして睡眠不足になり抜け毛が多くなっているパターンです。 睡眠不足は交感神経の刺激になり、血管の萎縮が起こります。血管の萎縮からやはり血行障害が起き、抜け毛の原因になってしまうのです。 髪の毛に十分に栄養が行き渡らない原因ともなります。

また若年層で抜け毛に悩んでいる方は、髪の扱い方に原因がある場合もあります。 10代後半から20代前半には、パーマやヘアカラーをする方が多いでしょう。パーマやヘアカラーは頭皮にも頭髪にも悪影響が及びます。 カラー剤やパーマ液が頭皮に残り炎症を起こしたり、毛穴に詰まって細菌繁殖の原因になったりします。それらの頭皮異常や頭髪の弱化も、抜け毛の原因になります。

眼精疲労とAGA

◆生え際薄毛の原因は?

生え際の薄毛の原因のひとつは、過労による眼精疲労です。 なぜ眼精疲労が脱毛と関係があるのでしょうか?

男女ともに、いまは全ての人が過労気味であると言われています。 そして働く時間が増すとともに多くなるのが、パソコンなどの電子画面を眺めている時間です。 仕事中にはパソコンを長時間長め続け、お昼時間にはスマートフォンを眺め、帰宅してからもテレビ画面やタブレットを眺め続ける、というのが現代人の生活ではないでしょうか?

このように毎日目を酷使していると、目の疲れだけではなく目の周りの筋肉の硬直が起こってしまうようです。 血行が悪くなり、視力の減退も起こります。また眼精疲労は肩こりや頭痛をも引き起こします。 これは血行不良が目から頭へと広がっている証拠です。頭の血行が悪くなると、当然頭皮の血行も悪くなります。

血行が悪くなった頭皮はどんどん硬くなり、生えている毛にも栄養が行き渡らなくなり脱毛してしまいます。 さらに新しい毛を生み出す力も弱くなり、どんどん薄毛になってしまうでしょう。

また、額にある目の周辺のつぼには育毛効果のあるつぼがあると言われています。 しかし眼精疲労でそのつぼ周辺も硬くなっているのなら、育毛の力もどんどん弱くなってしまうでしょう。眼精疲労と生え際の薄毛は大きく関係しているのです。

◆男性型脱毛症「AGA」の影響

すべての薄毛問題に関係があるのが、「AGA」男性型脱毛症です。 このAGA「男性型脱毛症」はなぜ起こってしまうのでしょうか?それは男性ホルモンに原因があります。

男性ホルモンの中でも「テストステロン」という男性ホルモンは育毛に大きく関係します。 男性ホルモンの「テストステロン」というホルモンは、ある酵素と結びつくとより強力な男性ホルモンになります。その酵素は「5a-リダクターゼ」という酵素です。 この「5a-リダクターゼ」は人体に存在する酵素なので、すべての人が持っています。 「テストステロン」がこの「5a-リダクターゼ」と結びつくと、強力な男性ホルモンである「ジヒドロテストステロン」となります。

この強力な男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」は、実は毛髪を生み出す細胞を萎縮させてしまう働きがあるのです。 「ジヒドロテストステロン」が、男性ホルモンを受け取るレセプターで結合すると脱毛因子が生まれます。 脱毛させるための指令がレセプターから発せられてしまうのです。そのため、薄毛を進行させてしまう原因となります。

「AGA」に効果的な育毛剤は?

実は若年性脱毛症にも、生え際薄毛にも「AGA」が関係している可能性が大いにあるのです。 「AGA」に効果的な育毛剤を選ぶことで、どのタイプにも効果的な育毛が行えるでしょう。

◆イクオス

「イクオス」とは国内生産にこだわった信頼の育毛剤です。 総合して、なんと61種類もの頭皮・育毛ケア成分が含まれているのです。さらに「Algas-2」という自社独自の育毛成分が含まれています。

この「Algas-2」はふたつの有効成分を配合しています。 ひとつめは海草由来のスカルプ成分である「M-034」で、リアップに使われる「ミノキシジル」と同程度の効果がありながら自然成分のゆえ人体への影響はありません。 ふたつめは「ペルベチア カナリクラタエキス」という成分です。フランスのブレア諸島に生息する海草のエキスで、保水力に優れた海草エキスです。

さらに「AGA」を抑えるために「DHT」をブロックする成分が大量に配合されています。 「DHT」とは「ジヒドロテストステロン」という成分です。この「ジヒドロテストステロン」に男性ホルモンが結びついたとき、脱毛因子である「TGF-β」という因子ができてしまいます。 この「TGF-β」こそが、脱毛の原因なのです。この「TGF-β」が「FGF-5」という脱毛指令を出すのを食い止めることこそが、脱毛を引き止める鍵になります。

そのために、イクオスには脱毛指令を防ぐ自然由来の成分を配合しています。ローマカミツレエキス、シナノキエキス、ボタンエキスなどです。 これらの自然由来成分で、体に優しく脱毛を食い止めます。

多くの薄毛タイプに効果のある育毛剤、ぜひ試してみませんか?